NIC

CentOS5.2になってからsambaのコネクトがぶつぶつに切れたり繋がったりな感じで
使い物にならなかったが、その解決法が分かったのでメモ

 
 
どうもCentOS5.2から標準でついてくるNICのドライバが原因だったみたい
sambaのupdateも来てたから設定とかそこら辺を疑ってたがまったく別だった

家の場合は蟹NICのドライバがダメだったようで、5.1までは標準でドライバがなかったので
自分で入れていたのでかなり盲点だった。

普通にmoduleを消して入れなおすだけの作業

# lsmod | grep r8168
r8168の部分はNIC名

# rmmod r8168
あったら消す

あとはドライバをメーカーサイトから持ってきて、色々してインストールするだけ。
RealTek r8168の場合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください