ecoder を使ってみた。

phpspot開発日誌 を見て ecoder が気になったので試してみたので、
設置の話と気になったことを細々と。

ダウンロードのURLはこの記事を書いた時点での物なので、各自公式ページを見て最新のものを確認してください。

ダウンロードと展開
# mkdir ecoder
# wget “http://downloads.sourceforge.net/ecoder/ecoder_0.3.2.tar.gz?use_mirror=jaist&filesize=406946”
# tar xvzf ecoder_0.3.2.tar.gz

設定ファイルの編集
# vi .htaccess
php_value error_log /your-www-dir/ecoder/code/logs/error.log

# vi code.php
最低限必要な部分のみ記述する。
path の部分は ecoderの下でなくても問題ない。今回は、ecoder の下に source というディレクトリを作った。
# mkdir source

$code['domain'] = "http://your-domain-name.net/ecoder/"; // domain name ##
$code['domain_cookie'] = ".your-domain-name.net"; // domain name ##
$code['root'] = '/your-www-dir/ecoder/source/'; // full path, with trailing slash ##
$code['root'] = '/your-www-dir/ecoder/source/'; // local path -- for testing ##

文字化け対策
# vi code/base/header.php
# vi code/edit/header.php
# vi code/tree/header.php
charset を UTF-8 にする。

<meta http-equiv="content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />

以上で設置は終了。設置したアドレスにアクセスして動作を確認する。

軽く使ってみたが、エディタとして十分な機能は持ってると思う。

  • Tabキーでも他のオブジェクトにフォーカスせずにインデント
  • エディタ部分の下には現在のカーソルの位置と全体のライン数と文字数表示
  • 対応してる言語ではハイライト
  • 新規作成時に基本部分が挿入されてる
  • ファイルのアップロード機能

また、2バイト文字も charset の設定すればほとんど大丈夫だった。
ただし、ファイル名に2バイト文字を使うと ecoder からは削除できないファイルができあがってしまう。
内部では ISO-8859-1 で処理してる?
直接 srouce ディレクトリに2バイト文字のファイルを設置すると左側のツリーでは文字化けでいるが、開いたタブやポップアップは問題なく2バイト文字が表示されるようだ。

文字数制限なのか行数制限なのか、はたまた php の設定の問題なのか .php や .html などのファイルではエディタ部分の下にプレビューが表示される?ようだが動いたり動かなかったりよく分からない。

あと、source ディレクトリに各ファイルの作業ファイル? .filename.ext を生成するが、filename.ext 本体を削除しても作業ファイルを削除してくれないようだ。

全体的な感想としては、形として十分できあがっているので、対応言語などを増やすなどの一方、十分な bugfix をしてほしい。
今すぐ使うにはまだ bug が多いと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください