fedora15 で firefox sync server

firefox 7 の stable リリースがあってから、mozilla公式のfirefox sync serverへの接続エラーが出まくるようになったので自前でサーバを立てて回避しようとした時の備忘録

基本的には、Run your own Sync Server — Mozilla Services を見てやった

# yum install python python-devel python-virtualenv mercurial sqlite3
# cd /usr/local/src
# hg clone https://hg.mozilla.org/services/server-full firefox-sync-server
# cd firefox-sync-server
# make build

とりあえず、これで内蔵サーバでは動くようになるはず

# bin/paster serve development.ini
Starting server in PID 24303.
serving on 0.0.0.0:5000 view at http://127.0.0.1:5000

次に、sqliteより、MySQLのほうがパフォーマンスは期待できるのでMySQLを使って動くようにする

Mysql-PythonのセットアップとMySQLのデータベースの作成
※MySQLサーバはセットアップ済みなのを前提としてます

# bin/easy_install Mysql-Python
# mysql -u root -p
mysql> create database sync;
mysql> grant all privileges on sync.* to sync@localhost identified by 'your password';

configでMySQLを使うように修正する。
fallback_nodeは、Apacheの設定に合わせる

# mv etc/sync.conf etc/sync.conf.orig
# cp etc/mysql.conf etc/sync.conf
# vi etc/sync.conf
[storage]
backend = syncstorage.storage.sql.SQLStorage
sqluri = mysql://sync:password@localhost:3306/sync

[auth]
backend = services.auth.sql.SQLAuth
sqluri = mysql://sync:password@localhost:3306/sync
fallback_node = http://example.com/

そして、これだけだと不便なので、Apacheで動くようにしておきます。
上記のリンクを参考に、適当に修正

# vi /etc/httpd/conf.d/wsgi.conf
LoadModule wsgi_module modules/mod_wsgi.so

WSGISocketPrefix run/wsgi

Order deny,allow
Allow from all

ServerName example.com
DocumentRoot /usr/local/src/firefox-sync-server
WSGIProcessGroup sync
WSGIDaemonProcess sync user=apache group=apache processes=2 threads=25
WSGIPassAuthorization On
WSGIScriptAlias / /usr/local/src/firefox-sync-server/sync.wsgi
# apachectl configtest
Syntax OK
# systemctl reload httpd.service

これで、動いたはず・・・
あとは、firefox で設定を行うだけ。

おわり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください