mod_uploader を使ってみた

fedora10 に mod_uploader を使った uploader を構築したのでメモ

せっかくなのでvirtual-domainを使って運用。

ソースの取得
# cd /usr/local/src
# cvs -d:pserver:anonymous@cvs.sourceforge.jp:/cvsroot/mod-uploader login
Pass なし Enter
# cvs -z3 -d:pserver:anonymous@cvs.sourceforge.jp:/cvsroot/mod-uploader checkout -P mod_uploader

ビルド
# cd mod_uploader
# yum install httpd-devel libtool ImageMagick-c++-devel
configure でエラー出ると思うので必要なパッケージ類をインストール
# ./configure –enable-thumbnail
# make
# make -f GNUmakefile.apache install

# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
LoadModule uploader_module modules/mod_uploader.so ←確認

ディレクトリの作成と中身のコピー
# mkdir  /var/www/Uploader/
# cd /var/www/Uploader
# mkdir css data file img js temp thumb tmpl
# cp /usr/local/src/mod_uploader/img/* /var/www/Uploader/img/
# cp /usr/local/src/mod_uploader/css/* /var/www/Uploader/css/
# cp /usr/local/src/mod_uploader/tmpl/*htm /var/www/Uploader/tmpl/

apache の config の追加
# vi /etc/httpd/conf.d/mod_uploader.conf
参考:mod_uploader.conf
README for mod_uploader

VirtualHost 内に Location を書くことによって、他のホストに影響を与えない。
Uploader* のpath先がなかったりするとエラーなしでapacheが起動しないので気をつける。

リダイレクトする index.html の作成
# vi /var/www/Uploader/index.html

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />
<title>up.hohehoge.net</title>
<script type="text/javascript">
location.replace('http://up.hogehoge.net/uploader/')
</script>
<meta http-equiv="Refresh" content="0; URL=http://up.hogehoge.net/uploader/;" />
</head>
<body>
<noscript>
<p><a href="http://up.hogehoge.net/uploader/">mod_uploader<a></p>
</noscript>
</body>
</html>

# service httpd restart
# service httpd status
動いてればおk。
これで動いてない場合は mod_uploader.conf の path のミスなのでよく確認すること。

以上終了。
up.tndl.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください